差額補充法(さがくほじゅうほう)とは、貸倒引当金と実際の残高との差額分を調整することです。貸倒引当金は、貸倒を予想した上での計上ですので貸倒が発生するとは限りません。