カテゴリ:簿記用語集 > 用語集 あ行

相手勘定(あいてかんじょう)とは、仕訳をするときに反対側に記入する勘定科目のことです。借方科目から見れば貸方科目、貸方科目から見れば借方科目となります。

預り金(あずかりきん)とは、近い将来に返さなくてはならない義務が生じる負債の勘定科目です。

一勘定制(いちかんじょうせい)とは、当座借越の仕訳の方法の一つで、当座勘定のみで計上します。借方なら資産、貸方なら負債です。

粗利(あらり)とは、売上総利益を指します。売上高から売上原価を差し引いた額が売上総利益となり、大まかな利益を表わします。

↑このページのトップヘ