カテゴリ:簿記用語集 > 用語集 ま行

前受金(まえうけきん)とは、手付金をもらったときに用いる負債の勘定科目です。

前受収益(まえうけしゅうえき)とは、当期中に翌期の分の収益までお金をもらったときに用いる負債の勘定科目です。 
  
※収益を繰延べるときは、翌期首に前受収益(負債)勘定から収益に振り戻します。

前払金(まえばらいきん)とは、手付金を支払ったときに用いる資産の勘定科目です。 
  
※あとで商品を受け取る権利が発生しても、まだ商品を受け取っていないので「仕入」勘定には記入しません。

前払費用(まえばらいひよう)とは、当期中に翌期の分まで費用を払ったときに用いる資産の勘定科目です。

未収金(みしゅうきん)とは、証券や土地などの直接仕事とは関係の無いものを売ってあとで代金を受け取るときに用いる資産の勘定科目です。

↑このページのトップヘ